巻き髪を巻くときの注意点

巻き髪をする前の注意事項です。キレイにするためには確認をしておきましょう。

 

入念にヘアブラシでブラッシング

髪の毛がほつれた状態でヘアアイロンを使用しても、きれいな巻き髪をつくることは困難です。ヘアブラシで髪の毛を入念にブラッシングをしてあげて、髪の毛を整えることできれいな巻き髪を作ることができます。

 

髪の毛は乾燥させてから

濡れた髪の毛でヘアアイロンを使用することはいけません、髪の毛がやけどしている状態になります。髪の毛の傷む原因になるので、しっかりと乾燥させてからヘアアイロンを使用するようにしましょう。

 

初心者は練習

巻き髪が初めての初心者やヘアアイロンを使用したことがない方は、まずは操作になれるために電源をOFFにして練習をしてからヘアアイロンを使用することをおすすめします。慣れていない初心者はヤケドなどの危険性があるので注意をしましょう。

 

やけどに注意!

ヘアアイロンは、最高の温度が200℃近くまで上がります。初心者の場合は、160℃ぐらいを目安にして始めることをオススメします。また、使用する際は首や肩をやけどしないようにするためにヤケド防止のタオルやターバンなどを用意しておきましょう。

 

ベース剤を忘れずに

ベース剤は、アイロンを巻くところを中心につけることで、髪の毛を熱から保護をし、きれいなツヤのあるカールを作りやすくしてくれます。必ずベース剤は忘れないようにしましょう。