アイロン・コテの太さって何mmがいいの?

髪型をきれいにセットするだけで相手に与える印象は大きく変化します。特に、女性の場合アイロンやコテを使ってきれいに髪の毛をセットすることで、より自分自身をきれいに見せることができます。

 

そのため、コテはオシャレ女子にとって欠かせない美容アイテムですよね。

 

巻き髪がきれいにできるコテの太さですが32ミリのものを使用すると使いやすく感じる人が多いかもしれません。ただし、髪の長さや仕上げたい雰囲気によっても変化してくるので注意しましょう。

 

カールアイロンの太さと髪型

短めからミディアムくらいの長さの女性なら、26ミリから32ミリくらいまでのコテの太さが使いやすく、ミディアムからロングのヘアスタイルの女性ならば32ミリから38ミリくらいまでのコテの太さが使いやすいと言われています。ただし、ロングでもしっかりとカールをつけたい場合は26ミリのように細めのコテで巻いても良いでしょう。

 

コテの太さと髪型の目安
32mm&ストレート兼用

32mmのカールアイロンとストレートアイロンを兼用。両方をしたい方にはおすすめ。

38mm

ロングの巻き髪にはおすすめ。ふんわりスタイルを簡単につくることができます。

32mm

初心者はこの太さから、セミロングからロングの長さにぴったりのカールアイロン。

26mm

ショートからミディアムの長さにおすすめ。ロングで強めのカールをしたい場合はこれでもOK。

基本的に髪が長いほど、太いものを使用した方が巻きやすいです。場合によってですが、たとえばロングでウェーブ感を強めに出したいなら26mmぐらいが便利と使用目的によって異なる場合もあります。

 

このように、コテの太さは髪の長さや仕上げたい雰囲気によって最適なものが異なってくるので、自分に合った太さを選ぶようにしましょう。いくつかの太さのコテを併用して、大きさの違うカールをミックスさせるのもオシャレ上級者のテクニックです。色々と試してみると新しいヘアスタイルが見つかるかもしれませんね。

 

髪質による使い分け

太い髪・直毛の人

こういった髪質の方は、カールをうまく巻きにくいので、一度に巻く髪の量を少なくすることがポイント。あまりうまく巻けないという方は、ブロッキングする個所を増やしてみるとうまく巻くことができます。コテの太さは、26mm〜32mmぐらいの細めがおすすめ、温度調節も少し高めで強めにカールするといいでしょう。

細い髪・ねこっ毛の人

こういった髪質の方は、カールがつきやすいので32mm〜38mmぐらいの太めのコテがおすすめ。注意点としては、巻く時間を短くしたり、コテの温度を低めに設定したりして調節するのもいいでしょう。