巻き髪をきれいに巻くやり方

巻き髪をうまく巻くポイントを紹介します!これであなたもきれいに巻き髪を巻くことができるでしょう。

 

髪を巻く際にまずやること

巻き髪のカール力をアップさせるために、カールローションは必需品です。これはコテの熱から髪を守る役割もあります。カールをしたい部分にのみ、ローションをつけます。 さらにその際のポイントは、カールローションをつけたら必ず一度ドライヤーできちんと乾かすことです。 カールローションで髪が濡れたままの状態でコテを使うと、カールがつきすぎてしまうことと、髪に必要な水分まで奪ってしまうからです。

巻くときのポイント

きれいに巻くコツは、きちんと髪をブロッキングすることです。ブロッキングとは、ピンなどを使って髪を小分けにすることです。 これをしておけば、コテを使って巻くときに適量の髪を巻くことができるのです。主に、前髪、顔のサイド(耳の上あたり)、バック(自分では見えない、後ろの部分) で分けます。バックは上下左右に4つ程度に分けるとやりやすいです。

前髪は巻かないこと

サイドとバックはコテで巻き、前髪は巻かずに残します。前髪は大きめのロールブラシで軽くとかす程度でいいです。 前髪まで巻いてしまうと、”つくられた感”が出てしまって、ナチュラルな仕上がりとは程遠くなってしまいます。今の流行りはあくまでも、作りすぎないナチュラル感なのです。

巻き終わったらすること

コテで巻いたら、巻きっぱなしにせず、ひと手間加えるのがポイントです。 まず、ワックスをカールをつけた部分にもみこむようにつけます。こうすることで、カールが長持ちするようになります。巻き髪を巻いた後は、髪か少なからずダメージを受けています。なので、巻いた後はしっかりとヘアケアを行うようにしてください。

こんなに簡単に巻けるツヤグラの『ぶるツヤ』のやり方

 

ゆるふわ巻きにするには

カールのついた部分を少しずつ広げるようにして崩します。カールの向きが一方方向ではなくあらゆる方向を向いた方が、より目指したい”ゆるふわ巻き”に近づき、グッと女性らしさが増します。