髪を痛めないコテ・アイロンの温度って?

女性にとって、おしゃれをする上でメイクと同じくらい大切な要素がヘアスタイルでしょう。ヘアスタイルがきれいに整っているかどうかによって、相手に与える印象が大きく変わってくるものです。

 

それくらいヘアスタイルは女性の雰囲気を決定する上で重要な要因でしょう。少しでもきれいにセットするために、ヘアアイロンを利用している人も多いはずです。ただし、気をつけて利用しないとコテは髪の毛に熱を加えるためダメージを与えてしまう可能性が高いでしょう。髪の毛をあまり痛めないコテの温度とはどのくらいなのでしょうか。

 

アイロンを選ぶ際に重要な温度とは

一般に、200度以下のコテの温度で髪の毛を巻くことがダメージを抑えるためには有効だと言われています。もちろん熱を加える以上、全くダメージがないとは言い切れませんが、ダメージを最小限に抑えることができるでしょう。温度が高ければ高いほどしっかりと巻くことはできますが髪へのダメージも大きくなるので、普段はできるだけ200度以下に設定して使用するのが望ましいと言えます。

 

使用目的によって異なりますが、理想は150〜160℃程度の温度が巻きやすいです。初心者の方は慣れないのに高温のヘアアイロンを使用するとと火傷や髪を傷める危険性があるのでこれを十分考慮した商品を!
なので、温度調節できるもののほうがおすすめです。大体150〜200℃程度の段階で調整ができるものいいでしょう。

 

コテの温度によってヘアスタイルの仕上がり具合が変化するだけではなく髪の毛に与えるダメージも違うことを忘れないようにしておきましょう。また、実際にコテを使用する際は、あらかじめ髪の毛にダメージを軽減するスプレーをかけておくと、髪の健康のために効果的です。温度に対する注意やちょっとしたケアを怠らずにヘアアイロンを使用することで、ダメージを最小限に抑えて可愛いヘアスタイルを楽しみましょう。

 

200℃以上の高温のものは短時間でカールが作れるというメリットがありますが、技術が必要になり美容師であるプロでもあまり使用しないのでおすすめはしていません。